シナ・中国 暴動ウォッチ

シナ(中国)で発生した暴動などをまとめていきます。


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. | Twitterでつぶやくでつぶやく

中国が海上油田・ガス田の開発加速、海外と協力も―中国メディア


2012年8月29日、人民網日本語版によると、中国海洋石油総公司は28日に公式サイトを通じて、中国海域での2012年第2段事業で開放・入札を行う26ブロックの詳細な情報を明らかにするとともに、海外企業との協力を進める方針を明らかにした。中国海洋石油が公式サイトを通じてこうした情報を発表したのは、今年は6月23日に続いてこれが2回目だ。国際金融報が伝えた。

アモイ大学中国エネルギー経済研究センターの林伯強(リン・ボーチアン)主任が同日述べたところによると、中国海洋石油は中国の海上における石油開発・生産・探査分野の第一人者として、こうした取り組みによって、中国周辺海域での、とりわけ南シナ海での石油・天然ガス資源の開発を加速しようとしていること、企業の業績と石油・天然ガス生産量に対する信頼感を強化しようとしていることを明らかにしたのだという。

▽開放範囲がさらに拡大

今年に入ってから、中国海洋石油は海上における石油・天然ガス資源の開発の加速に努めてきた。4月にはイタリアの石油・ガス会社エニと、南シナ海30/27深水ブロックでの生産分与契約(PS契約)を結び、新海域での石油探査に取り組んだ。5月9日には「移動する国土」と呼ばれる第6世代深水半潜水型石油掘削プラットフォーム「海洋石油981」が香港の南東320キロの南シナ海茘枝湾6-1ブロックに初めてステーションを建設し、中国海洋石油の海上資源開発の新たなページを開いた。

6月23日には、南シナ海周辺の石油・天然ガス資源をにらみ、南シナ海の関連エリアで総面積16万124.38平方キロメートルに上る9つのブロックを開放・入札するとの情報を明らかにした。8月28日には、中国周辺海域の26ブロックを開放することを明らかにした。

中国海洋石油のサイトで公開された資料によると、この26ブロックの総面積は約7万3754平方キロメートルで、6月に開放・入札が発表されたブロックの面積の半分にも満たない。

6月発表のブロックと今回発表されたブロックとのもう一つの違いは、今回は開放されるエリアが南シナ海エリアにとどまらず、渤海湾のブロックが1カ所、東海麗水の低地にあるブロックが3カ所含まれていることだ。この4ブロックはいずれも水深の浅い開発ブロックだ。

具体的にいえば、渤海湾で開放されるのは05/31ブロック。渤海湾西部海域の低地と南堡の低地との境界に位置し、面積は270平方キロメートル、水深は約5-15メートル。東海麗水で開放されるのは32/36ブロック、41/08ブロック、33/02ブロックで、いずれも水深は80-100メートルだ。

これ以外の22ブロックは南シナ海に位置する。東部エリアが18カ所で、うち中深層のブロックが5カ所、単一構造のブロックが5カ所、深水のブロックが3カ所、水深の浅いブロックが5カ所で、珠江口盆地に位置するものが多い。また、南シナ海西部に4つの開放ブロックがあり、いずれも瓊東南盆地と鶯瓊盆地が接する地点にある。

▽海外企業との協力も

さきに行われた9ブロックの入札と同じく、今回の情報公開も海外企業との協力に向けた情報の提供が狙いだ。

林主任は、「水深の浅い海と中深層における石油・天然ガスの開発・採掘はしばらく置いておく。中国海洋石油は深水での開発・採掘でここ数年来大きな進歩を遂げたが、それでも海外企業との協力をある程度必要としている。なんといっても、一連の海外のエネルギー大手は開発・採掘で中国よりも多くの進んだ経験を持っているからだ」と話す。

林主任の予測によると、海外エネルギー大手がこれらのブロックに興味を感じたなら、中国海洋石油との協力を選ぶことになるという。

実際、さきに行われた入札について、中国海洋石油の王宜林(ワン・イーリン)会長が7月17日に公の場で述べたところによると、入札は順調に行われ、手続きを踏まえて市場に前進した。米国の企業も協力の意向を示したという。

だがベトナム政府はこの入札について抗議を寄せ、海外エネルギー企業が入札に参加しないよう求めた。今回の情報開示をめぐっては、周辺諸国は現時点で態度を明らかにしていない。

林主任は、「全体として言えることは、南シナ海周辺海域はまだ敏感な時期にあるということだ。だが中国海洋石油の今回の動きは合理的なものだ。問題が起きていない、あるいは起きていても大きな問題にはなっていない渤海湾や東シナ海のブロックも情報開示の対象になっているからだ。このことは中国海洋石油の企業としての動きをよりはっきりと示すものだ。当然のことながら、これらのブロックが準備作業を終えて本当に開発がスタートすれば、中国海洋石油の業績がより良いものになることは確実だ」と話した。
中国が海上油田・ガス田の開発加速、海外と協力も―中国メディア
そういえば東シナ海ガス田問題はどうなってるんですかね?
尖閣諸島の事件が騒がれていますが、ガス田問題については続報を聞きませんね

必ずお読みください。
スポンサーサイト

中国が海上油田・ガス田の開発加速、海外と協力も―中国メディア

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2012/09/03(月) 00:57:16|
  2. 東シナ海ガス田問題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | Twitterでつぶやくでつぶやく
次のページ >>

プロフィール

Author:tyugokuboudou
FC2ブログへようこそ!

有害黄砂が3/8から日本に上陸します(気象庁へリンク)


最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
暴動 (263)
デモ (286)
ストライキ (23)
環境汚染・毒食品 (210)
公安当局による暴力 (41)
テロ (41)
弾圧 (261)
チベット問題 (161)
東トルキスタン(ウイグル・ウルムチ)問題 (34)
内モンゴル問題 (3)
腐敗・汚職・権力闘争 (196)
反日 (154)
シナ人による国内犯罪 (135)
ハッキング・スパイ・サイバー攻撃 (143)
人民解放軍関連 (115)
経済 (173)
尖閣諸島関連 (293)
沖ノ鳥島関連 (4)
東シナ海ガス田問題 (11)
南シナ海(南沙・西沙諸島)関連 (86)
台湾関連 (20)
北朝鮮関連 (78)
イラン関連 (12)
アフリカ関連 (10)
パキスタン関連 (4)
ミャンマー関連 (3)
インド関連 (8)
EU関連 (5)
韓国関連 (19)
ベトナム関連 (6)
ロシア関連 (3)
アメリカ関連 (28)
オーストラリア関連 (1)
アフガニスタン関連 (1)
カンボジア関連 (1)
シリア関連 (5)
中国の評価 (26)
その他 (138)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

シナ 中国 暴動

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。