シナ・中国 暴動ウォッチ

シナ(中国)で発生した暴動などをまとめていきます。


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. | Twitterでつぶやくでつぶやく

中国がアフリカでメディア戦略


世界第2位の経済大国となった中国は、地下資源が豊富なうえ、将来の市場としても有望なアフリカで資源開発やビジネスを推し進めてきました。中国はさらに存在感を高めようと、アフリカを舞台に本格的なメディア戦略も展開し始めています。

中国国営の中央テレビは、去年1月、ケニアの首都ナイロビに放送局を開設し、アフリカ各地の話題をほぼアフリカ全土に伝えるニュース番組の放送を始めました。
中央テレビは、放送開始にあたって、即戦力となる記者やアナウンサーをケニアの民放テレビ局などから採用し、アフリカ各地の14の主要都市に特派員を配置するなど、アフリカの地元メディアを上回る規模の取材態勢を取っています。
中央テレビが、中国国外から毎日ニュースを放送するのは、今回のアフリカの放送局が初めてで、中国がここまでアフリカ報道に力を入れる背景には、「資源確保が目的だ」などと批判される中国のアフリカ進出について、イメージを改善するねらいもあるとみられています。
実際に、去年9月には、アフリカ各国が中国による援助を高く評価しているとする特別番組が放送され、中国の政治的な主張が色濃く反映された内容となっていました。さらに12月には、中国の政府系の英字紙がアフリカ版の新聞を創刊するなど、アフリカで、今後も中国メディアの影響力が強まることが予想されます。
中国がアフリカでメディア戦略
中国の実態を知らないアフリカ人を騙すためにマスコミを進出させているのでしょうね
しかし、アフリカに進出している中国人の横暴によって中国の評価は相当下がっています
中国国内のように国民感情を統制する事は難しいでしょう

必ずお読みください。
スポンサーサイト

中国がアフリカでメディア戦略

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/01/09(水) 18:39:49|
  2. アフリカ関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | Twitterでつぶやくでつぶやく
次のページ >>

プロフィール

Author:tyugokuboudou
FC2ブログへようこそ!

有害黄砂が3/8から日本に上陸します(気象庁へリンク)


最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
暴動 (263)
デモ (286)
ストライキ (23)
環境汚染・毒食品 (210)
公安当局による暴力 (41)
テロ (41)
弾圧 (261)
チベット問題 (161)
東トルキスタン(ウイグル・ウルムチ)問題 (34)
内モンゴル問題 (3)
腐敗・汚職・権力闘争 (196)
反日 (154)
シナ人による国内犯罪 (135)
ハッキング・スパイ・サイバー攻撃 (143)
人民解放軍関連 (115)
経済 (173)
尖閣諸島関連 (293)
沖ノ鳥島関連 (4)
東シナ海ガス田問題 (11)
南シナ海(南沙・西沙諸島)関連 (86)
台湾関連 (20)
北朝鮮関連 (78)
イラン関連 (12)
アフリカ関連 (10)
パキスタン関連 (4)
ミャンマー関連 (3)
インド関連 (8)
EU関連 (5)
韓国関連 (19)
ベトナム関連 (6)
ロシア関連 (3)
アメリカ関連 (28)
オーストラリア関連 (1)
アフガニスタン関連 (1)
カンボジア関連 (1)
シリア関連 (5)
中国の評価 (26)
その他 (138)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

シナ 中国 暴動

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。