シナ・中国 暴動ウォッチ

シナ(中国)で発生した暴動などをまとめていきます。


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. | Twitterでつぶやくでつぶやく

パキスタンの要衝港、運営権は中国へ移行


中国は真珠の首飾り戦略でインドを封じ込めようと画策している
中国は真珠の首飾り戦略でインドを封じ込めようと画策している

【大紀元日本2月20日】パキスタン首都イスラマバードで18日、同国南西部の要衝グワダル港の運営管理権を中国国有企業に移行する調印式が行われた。同港はインド洋アラビア海の交通・貿易・軍事の重要拠点とされ、インドなど周辺国は警戒を高めている。

 式典に出席したザルダリ大統領は、すでに貿易・通商の拠点となっている同港を「中央アジア諸国をまとめる鍵であり、パキスタン中国の関係に『新たな機会』をもたらすもの」と表現する。

 大統領は、同港から陸路で運搬できる道路などのインフラ整備を進める方針を示した。また、将来的には同港から中国へ繋ぐ石油パイプライン建造の可能性もあると国内外メディアが指摘している。現在、中国は石油の大半を中東から輸入している。

 これまでシンガポールの港湾会社が運営権を握っていたが、資金難や治安不安などを理由に手放した。中国への運営権譲渡は1月下旬にパキスタン政府が閣議決定。インドのアントニー国防相は「我が国にとって懸念事項」と述べていた。これを受けて、パキスタン外務省報道官は「どこかの国が心配するべき事柄ではない」などと回答していた。

 グワダル港は2007年に完成。総建設費2億5千万ドル(約230億円)の8割を投資するほど、中国は当初から全面的な資金協力を行っていた。

 中国はインド洋での覇権力を高めている。これまでにミャンマーやバングラデシュ、スリランカで中国資本の港湾が建築されており、インドを囲うこの戦略は「真珠の首飾り」と呼ばれる。
パキスタンの要衝港、運営権は中国へ移行
チャイナによるインド封じ込め戦略「真珠の首飾り」が、また一歩完成に近づいたようです
この海域は日本へ向かう原油の90%が通るシーレーンになっているため、日本にとっても非常に脅威になります
海賊対策で設けた自衛隊の拠点を恒久化し、シーレーン防衛のために活用する必要があります

必ずお読みください。
スポンサーサイト

パキスタンの要衝港、運営権は中国へ移行

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/02/20(水) 20:24:09|
  2. パキスタン関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | Twitterでつぶやくでつぶやく
次のページ >>

プロフィール

Author:tyugokuboudou
FC2ブログへようこそ!

有害黄砂が3/8から日本に上陸します(気象庁へリンク)


最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
暴動 (263)
デモ (286)
ストライキ (23)
環境汚染・毒食品 (210)
公安当局による暴力 (41)
テロ (41)
弾圧 (261)
チベット問題 (161)
東トルキスタン(ウイグル・ウルムチ)問題 (34)
内モンゴル問題 (3)
腐敗・汚職・権力闘争 (196)
反日 (154)
シナ人による国内犯罪 (135)
ハッキング・スパイ・サイバー攻撃 (143)
人民解放軍関連 (115)
経済 (173)
尖閣諸島関連 (293)
沖ノ鳥島関連 (4)
東シナ海ガス田問題 (11)
南シナ海(南沙・西沙諸島)関連 (86)
台湾関連 (20)
北朝鮮関連 (78)
イラン関連 (12)
アフリカ関連 (10)
パキスタン関連 (4)
ミャンマー関連 (3)
インド関連 (8)
EU関連 (5)
韓国関連 (19)
ベトナム関連 (6)
ロシア関連 (3)
アメリカ関連 (28)
オーストラリア関連 (1)
アフガニスタン関連 (1)
カンボジア関連 (1)
シリア関連 (5)
中国の評価 (26)
その他 (138)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

シナ 中国 暴動

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。