シナ・中国 暴動ウォッチ

シナ(中国)で発生した暴動などをまとめていきます。


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. | Twitterでつぶやくでつぶやく

中国軍機、相次ぎ領空接近 空自の警告射撃検討


日本領空への接近飛行を繰り返している中国軍のY8情報収集機型 (防衛省HPより)
日本領空への接近飛行を繰り返している中国軍のY8情報収集機型 (防衛省HPより)

 昨年9月の沖縄県・尖閣諸島の国有化以降、中国の軍用機が東シナ海上空で日本領空への接近飛行を繰り返していることが8日、分かった。中国機は日本領空の外側に設けられた防空識別圏をたびたび突破、その都度、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)し対処しているが、防衛省は事実関係を発表していない。尖閣周辺での相次ぐ挑発を受け、政府は警告射撃など自衛隊の対抗措置を強化する検討に入った。

 複数の政府高官によると昨年9月11日の尖閣国有化後、中国の軍用機が頻繁に日本領空への接近飛行を繰り返すようになった。ある高官は「3日続け1日空けるペースだ」と証言する。軍用機は「Y8」で、情報収集機型と哨戒機型の2種類ある。日中中間線のガス田付近まで南下した後、再び北上したり西方に飛び去ったりするケースが多い。

 防衛省は尖閣国有化以降の中国機に対するスクランブル事例として、昨年12月22日から今年1月5日までの間の5件を発表したが、いずれも中国国家海洋局の航空機「Y12」への対処。軍用機であるY8へのスクランブルは発表していない。

 Y12は昨年12月13日には尖閣周辺で日本領空を侵犯した。海洋局所属の海洋監視船「海監」など公船の領海侵入も常態化している。

 安倍晋三首相は今月5日、米村敏朗内閣危機管理監らに尖閣周辺での領域警備で対抗措置の強化を検討するよう指示。具体的な措置としては、領空侵犯機が無線での警告に従わない場合、曳光(えいこう)弾を使った警告射撃を行うことや、海軍艦艇が領海付近に進出してくれば海上自衛隊の艦艇を一定の範囲内に展開させることが柱となる。

 曳光弾発射は、昭和62年に沖縄上空で領空侵犯した旧ソ連の偵察機に空自戦闘機が実施した例がある。

中国軍機、相次ぎ領空接近 空自の警告射撃検討
中国軍機、相次ぎ領空接近 空自の警告射撃検討
粛々と対応していくしかないでしょうね
領土・領空を守る覚悟があることを中国人に示す必要があります

必ずお読みください。
スポンサーサイト

中国軍機、相次ぎ領空接近 空自の警告射撃検討

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/01/16(水) 13:43:40|
  2. 沖ノ鳥島関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | Twitterでつぶやくでつぶやく
次のページ >>

プロフィール

Author:tyugokuboudou
FC2ブログへようこそ!

有害黄砂が3/8から日本に上陸します(気象庁へリンク)


最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
暴動 (263)
デモ (286)
ストライキ (23)
環境汚染・毒食品 (210)
公安当局による暴力 (41)
テロ (41)
弾圧 (261)
チベット問題 (161)
東トルキスタン(ウイグル・ウルムチ)問題 (34)
内モンゴル問題 (3)
腐敗・汚職・権力闘争 (196)
反日 (154)
シナ人による国内犯罪 (135)
ハッキング・スパイ・サイバー攻撃 (143)
人民解放軍関連 (115)
経済 (173)
尖閣諸島関連 (293)
沖ノ鳥島関連 (4)
東シナ海ガス田問題 (11)
南シナ海(南沙・西沙諸島)関連 (86)
台湾関連 (20)
北朝鮮関連 (78)
イラン関連 (12)
アフリカ関連 (10)
パキスタン関連 (4)
ミャンマー関連 (3)
インド関連 (8)
EU関連 (5)
韓国関連 (19)
ベトナム関連 (6)
ロシア関連 (3)
アメリカ関連 (28)
オーストラリア関連 (1)
アフガニスタン関連 (1)
カンボジア関連 (1)
シリア関連 (5)
中国の評価 (26)
その他 (138)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

シナ 中国 暴動

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。