シナ・中国 暴動ウォッチ

シナ(中国)で発生した暴動などをまとめていきます。


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. | Twitterでつぶやくでつぶやく

ベトナム探査船に実力行使の中国  「二重基準」を露呈


 【シンガポール=青木伸行】南沙(英語名・スプラトリー)諸島などの領有権が争われている南シナ海で、中国がベトナム探査船の調査用ケーブルを切断した事件は、領有権問題の2国間による「平和的解決」を呼びかけながら、その実は実力行使により力で各国を封じようとする、ダブルスタンダード(二重基準)ぶりを如実に示すものだ。

 国営ベトナム通信などによると、26日に中国の妨害があった海域は海南島の南600キロ、ベトナム・ニャチャンの東方120キロ。ベトナム国営石油会社ペトロベトナムの石油・天然ガス開発鉱区だった。

 同社の探査船が中国の監視船3隻に妨害、威嚇された末、調査用ケーブルが切断されたことについて、同社幹部は「ケーブルは水深30メートルのところにあり、これを切断するには機材が必要で、切断は用意周到に計画されたものだ」とみる。

 ベトナム政府は「ベトナム海軍は主権、領海保全のために必要ないかなる行動もとる」(外務省報道官)と中国側を強く牽制(けんせい)。また、中国は領有権問題の「平和的解決」を呼びかけながらも、実際の行動は情勢をいっそう複雑なものにしていると批判している。

 これに対し、中国外務省は「中国が管轄する海域での正常な海洋取り締まり活動だ。この海域でベトナムが石油・天然ガスの(探査)活動を行うことは、中国の権益を損なう」と、実力行使を正当化している。

 両国はベトナムが今月、国会議員選挙を南シナ海の実効支配地域でも実施したことをめぐり対立していた。また、中国は3月に南沙諸島でフィリピンの石油探査船を妨害。アキノ大統領は今月23日、中国の梁光烈国防相とマニラで会談した際に「南シナ海の緊張が高まれば軍拡競争を招く」と牽制している。
ベトナム探査船に実力行使の中国  「二重基準」を露呈

※この記事に載せている画像、文章等の著作権はそれぞれの著作権者に帰属します。当記事に載せている画像、文章等はあくまで研究目的の引用であり、著作権・複製権・翻訳権その他権利を侵害するものではありません。
報道・批評・研究目的の引用については著作権法第32条において保護されております。


ベトナム探査船に実力行使の中国  「二重基準」を露呈

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2011/05/31(火) 13:27:50|
  2. 南シナ海(南沙・西沙諸島)関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
  5. | Twitterでつぶやくでつぶやく
<< 中国監視船が妨害活動 南シナ海でベトナム探査船損傷 | ホーム | 2千人の学生による大規模な抗議活動=中国内モンゴル自治区 >>

コメント

南シナ海:ベトナムが中国批判 探査船妨害され―【私の論評】日本が標的にされないのは、日本自衛隊の粋と知れ!!

ベトナムと中国のように隣国同士は、仲が悪いというのが世界常識です。だから、中国と、日本の仲が良くないというのは、世界の常識から見れば当たり前のことです。平和ボケニッポン人だけが、中国ともいつも仲良く出来ると幻想を抱いているだけです。最近、中国は尖閣などで、あまり極端な行動にはでていません。それには、それだけのわけがあります。たとえば、日本の対潜哨戒能力が世界一であること。さらに、最近では震災における自衛隊の展開能力の高さなどもあります。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。
  1. 2011/06/01(水) 10:32:16 |
  2. URL |
  3. yutakarlson #7qWrKlkc
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
※管理人が不適切と判断したコメントは反映されない場合があります。ご了承ください。コメントは承認後表示されます。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tyugokuboudou.blog6.fc2.com/tb.php/1050-b1c5363f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:tyugokuboudou
FC2ブログへようこそ!

有害黄砂が3/8から日本に上陸します(気象庁へリンク)


最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
暴動 (263)
デモ (286)
ストライキ (23)
環境汚染・毒食品 (210)
公安当局による暴力 (41)
テロ (41)
弾圧 (261)
チベット問題 (161)
東トルキスタン(ウイグル・ウルムチ)問題 (34)
内モンゴル問題 (3)
腐敗・汚職・権力闘争 (196)
反日 (154)
シナ人による国内犯罪 (135)
ハッキング・スパイ・サイバー攻撃 (143)
人民解放軍関連 (115)
経済 (173)
尖閣諸島関連 (293)
沖ノ鳥島関連 (4)
東シナ海ガス田問題 (11)
南シナ海(南沙・西沙諸島)関連 (86)
台湾関連 (20)
北朝鮮関連 (78)
イラン関連 (12)
アフリカ関連 (10)
パキスタン関連 (4)
ミャンマー関連 (3)
インド関連 (8)
EU関連 (5)
韓国関連 (19)
ベトナム関連 (6)
ロシア関連 (3)
アメリカ関連 (28)
オーストラリア関連 (1)
アフガニスタン関連 (1)
カンボジア関連 (1)
シリア関連 (5)
中国の評価 (26)
その他 (138)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

シナ 中国 暴動

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。