シナ・中国 暴動ウォッチ

シナ(中国)で発生した暴動などをまとめていきます。


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. | Twitterでつぶやくでつぶやく

尖閣諸島で日本が「妥協案」 この問題で中国が主導的な立場に―中国紙


日本政府が、釣魚島問題に関して「妥協案」を検討していることがわかった。これは「領有権の問題は存在しない」といったこれまでの日本側の立場を固持しつつも、実質的に主権争いがあることを認めるように求める中国に配慮するものだという。日本のメディアは、中国側の今後の出方を見極めた上で、妥協案を打ち出すかどうかを政府が検討していると伝えた。

日本が現在、釣魚島問題で中国側に対し本質的な部分で妥協をする可能性はないだろうし、期待もできない。日本政府のいう「妥協案」は単なるポーズに過ぎず、この問題で損害を被った日本経済への影響を制御したいというのが狙いのようだ。

しかし「妥協案」というのがポーズであるにしろ、現在の中日関係にとっては重要な動向であることには違いない。中国が釣魚島問題に関して断固として闘うことを態度で示してからは、思い上がった日本は打ちのめされ、結果的に中国はこの問題に関して主導的な立場にまわることができるというものだ。

中日関係が大きく冷え込んだここ最近を振り返ると、我々は長期的な視点に立って幾つもの成果を得ることができた。

ひとつには、日本が挑発に出る中、中国側も釣魚島問題は棚上げという原則を破り、日本に対して理詰めで対抗していくという姿勢が確立できたこと。これは中日の国力差において中国の興隆と日本側の衰退が大きいため、長期的に見て日本の勝算がないこと、中国国家の飛躍がその実力で国際世論をたぐり寄せたものともいえる。戦略の転換は日本を低姿勢に変えた要因でもある。

ふたつめは、日本による釣魚島「国有化」宣言の後も、島周辺海域における巡視船による執法活動が常態的に行われ、これが実質的な意味を持つようになってきたこと。このことは中国の同海域における有効的な執法活動、ひいては最終的な島の実効支配につながる途を切り開いた。
これまで釣魚島問題は日本側のいうなりだった。しかしこれからは我々の思うようにいくだろう。

みっつめは、今回の対立が日本に大きな教訓を植え付けたということだ。いまの日本は中国をばかにできないということを知った。絶えず中国を挑発し続けてきた日本が、転換点を迎えた可能性も高い。
日本側の「国有化」宣言に中国は猛反発した。このことは間違いなくこれから先の日本の行動に熟考という影響をもたらすだろう。

いまの中国に釣魚島問題をすぐに解決する力はない。中国の軍事力はまだ釣魚島周囲の広大な海域で圧倒的な優勢を保つことができるほど大きくはない。また釣魚島を防衛することのほかにも包括的な軍の台頭という歴史的な使命もあり、現在の軍事力ではこの2つを並行して行うことはできない。しかしこの2つが中国にとって大事なものだということは間違いない。

しかしこの1ラウンドで、中国は釣魚島問題で主導的な立場に立つこともできた。日本の「妥協」の姿勢に対して中国は落ち着いた態度で向き合うことができる。短期的な成果はそれほど問題ではない。中国は、長期的にみれば日本が中国に対してある程度妥協せざるを得ないということを既によく知っている。
日本は現在、"妥協"の傾向は、中国は徐々に主導権だった ※訳文提供:HEAVEN
この報道自体が中国側による工作の可能性もありますが、事実なら、民主党による尖閣諸島の国有化は尖閣諸島を紛争地域化したい中国とのマッチポンプということになるのではないのでしょうか

※この記事に載せている画像、文章等の著作権はそれぞれの著作権者に帰属します。当記事に載せている画像、文章等はあくまで研究目的の引用であり、著作権・複製権・翻訳権その他権利を侵害するものではありません。
報道・批評・研究目的の引用については著作権法第32条において保護されております。

尖閣諸島で日本が「妥協案」 この問題で中国が主導的な立場に―中国紙

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2012/10/13(土) 11:21:08|
  2. 尖閣諸島関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
  5. | Twitterでつぶやくでつぶやく
<< まるで牛乳流し? 原因は採石場の汚水=浙江省紹興 | ホーム | 自衛隊が対中抑止力を強化 >>

コメント

 中国による日本の属国化はかなり進んでいます。政府が明らかに不合理な妥協案を出すとしたら、裏に国内に張り巡らされた中国の組織があるからに相違ありません。
 例えば、中国は外務省チャイナスクールと組み、「日中友好協会」を通じて着々と日本支配を進めていて、事態は既に深刻なところまで来ています。国民の大多数は知らないと思いますが、日中友好協会のネットワークは日本中、恐ろしいほど張り巡らされています。
 「日本のチベット化」を心配する声がありますが、日中友好協会によって日本人の表現の自由も思想の自由も真実を知る権利もすでに奪われ始めています。
 全国レベルの「社団法人日中友好協会」の下に、都道府県レベルのNGOや任意団体と思われる「日中友好協会」があり、その下に市町村レベルの「日中友好協会」があります。それぞれの下の階層の団体が上の団体に加入するという形になっていて、各種帳簿の状況等を国がチェックできる公益社団法人は一番上だけで、アトの部分は極めて不透明で暴力団のような組織になっています。全国的な拠点網を通じて、例えばどこかの知事が台湾に行こうとするとそれを妨害する等、日本の隅々まで監視しています。まるで平家のカムロやナチスドイツの秘密警察みたいです。
 早く日中友好協会を日本社会から追放しなければ、日本は中国の属国になってしまいます。
  1. 2012/10/13(土) 18:33:57 |
  2. URL |
  3. 名無しさん@ニュース2ch #Vdz.lraQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
※管理人が不適切と判断したコメントは反映されない場合があります。ご了承ください。コメントは承認後表示されます。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tyugokuboudou.blog6.fc2.com/tb.php/2941-e37d8cac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:tyugokuboudou
FC2ブログへようこそ!

有害黄砂が3/8から日本に上陸します(気象庁へリンク)


最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
暴動 (263)
デモ (286)
ストライキ (23)
環境汚染・毒食品 (210)
公安当局による暴力 (41)
テロ (41)
弾圧 (261)
チベット問題 (161)
東トルキスタン(ウイグル・ウルムチ)問題 (34)
内モンゴル問題 (3)
腐敗・汚職・権力闘争 (196)
反日 (154)
シナ人による国内犯罪 (135)
ハッキング・スパイ・サイバー攻撃 (143)
人民解放軍関連 (115)
経済 (173)
尖閣諸島関連 (293)
沖ノ鳥島関連 (4)
東シナ海ガス田問題 (11)
南シナ海(南沙・西沙諸島)関連 (86)
台湾関連 (20)
北朝鮮関連 (78)
イラン関連 (12)
アフリカ関連 (10)
パキスタン関連 (4)
ミャンマー関連 (3)
インド関連 (8)
EU関連 (5)
韓国関連 (19)
ベトナム関連 (6)
ロシア関連 (3)
アメリカ関連 (28)
オーストラリア関連 (1)
アフガニスタン関連 (1)
カンボジア関連 (1)
シリア関連 (5)
中国の評価 (26)
その他 (138)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

シナ 中国 暴動

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。